歯科医院で噛み合わせ治療を

噛み合わせとその影響

歯科医院で噛み合わせ治療が可能

歯科医院では、噛み合わせの治療も行っています。これは、上下の歯の接触の仕方のことをいいますが、正しい状態でいる人は少ないようです。この上下の歯の接触の仕方が正しくない人は、口腔内や顎周辺だけでなく全身に悪影響を及ぼすことになります。主な症状には肩こり、頭痛、腰痛、耳鳴り、めまい、鼻づまり、目のかすみ、顎関節症などがあげられます。これは噛み合わせのアンバランスが、身体の乱れや歪みを生じ引き起こされることが考えられます。このような症状がある場合には、一度歯科医院で上下の歯の接触の仕方を診てもらうのも良いでしょう。

噛み合わせが全身に与える影響

歯科では噛み合わせや歯並びの矯正治療を行っています。歯並びなどに問題があると、口の中だけではなく全身に影響が出てしまう可能性があります。例えば食事の際には食べ物を歯で咀嚼してから飲みこみますが、噛み合わせが正しくないと充分に咀嚼することができないまま食べ物が消化器に送られて、胃腸の負担になり消化に悪影響を及ぼす可能性があります。またいつも同じ側でばかり噛んだり、日常生活で力を入れる時にも同じ所で食いしばっていると使われる筋肉と使われない筋肉とにはっきりした差が生じてしまいます。すると、いつも使われている筋肉が疲労したり、それによって反対側が体をかばうような形になり不自然に力がかかるということも起こり得ます。歯科の矯正治療は見た目や口の中だけではなく全身のバランスにも密接に関わっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院で噛み合わせ治療を. All rights reserved.