矯正歯科で扱う症状とは

矯正歯科で扱う症状

矯正歯科で扱う噛み合わせの症状

矯正歯科では、不正咬合といって噛み合わせが正常でない症例を扱っています。不正咬合にもいろいろな種類やタイプがあります。歯並びがでこぼこしている状態は叢生と呼ばれるもので、歯の大きさと数に対して生えるスペースが少ない場合に起こります。3番つまり犬歯が生えるスペースが足りないと、いわゆる八重歯になります。叢生の他にも、上顎や下顎が前に出ていて出っ歯や受け口になっていたり、奥歯を上下あわせても前歯が噛めない開咬、歯に対して生えるスペースが広く歯と歯の間が広く空いている空隙歯列なども不正咬合の症状です。矯正歯科では、それぞれの不正咬合のタイプに合わせて治療方法を選択します。

噛み合わせ異常のいろいろな症状

噛み合わせの異常を不正咬合と言います。この不正咬合には、いろいろなタイプがあります。上顎や下顎のいずれかまたは両方が前に出ているものを前突と呼びます。下顎前突はいわゆる受け口で反対咬合とも言い、上顎の前突は出っ歯と呼ばれる症状です。歯が生えるスペースが足りずに歯並びがでこぼこになっているものは乱杭歯と言い、犬歯のスペースが足りなくなると八重歯になります。逆に、歯の生えるスペースが余ってしまって歯と歯の間にすき間があるケースも不正咬合にあたり、これは空隙歯列つまりすきっ歯です。奥歯を噛んだ時に前歯が噛めないのは開咬という症状です。矯正歯科では、これらの不正咬合の治療を行なっています。歯科医院によって、目立たない器具を使ったり歯の裏側で矯正するなどいろいろな治療方法を採用しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院で噛み合わせ治療を. All rights reserved.