矯正歯科の治療の変化

矯正歯科の治療法

矯正歯科の考え方の変化

矯正歯科と言えば、以前は歯を抜いてそこに他の歯を収めていくという考え方が一般的でしたが、今はなるべく歯を抜かないようにして治療を行おうとする動きが主流になってきました。思春期を迎える前から身体の成長に合わせて治療を進める為、以前に比べて痛い思いをすることも減ってきました。また、最近は、付けていても目立ちにくい色の器具が開発されており、他人に気が付かれにくくなってきています。矯正歯科の技術は日進月歩です。歯並びの善し悪しは見た目の美しさだけでなく、身体の不調を引き起こすこともあります。

矯正治療で得られるメリット

歯並びが悪い状態は、矯正治療で改善する事が可能です。出っ歯や乱ぐい歯、受け口といった歯並びが悪い状態でも、歯自体に痛みを感じる事は少ないので、治療を受けなくても良いのではと、感じる方も多いでしょう。確かに食事などに不便さは、感じないかもしれませんが、歯並びが悪い状態は様々なデメリットを引き起こします。まず、口元にコンプレックスを感じがちです。歯並びが悪い事で笑顔にも自信が持てないと、精神的な問題にも繋がります。矯正治療を受ける事により、トラブルを解消できるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院で噛み合わせ治療を. All rights reserved.